テーマ:畑のありさま

立夏過ぎて

 (親の意見とナスビの花は千に一つの無駄も無い)来し方を振り返り大方そのとおりだったような気もするが今となればあまり説得力が無い人生いろいろ老いては子従えが一番、爽やかな季節は瞬く間に過ぎてまもなく空を眺めながら無聊をかこつ梅雨の日々が来る全く早いものです。  ミニトマト  キューリ  玉ねぎ収穫近し  蜜柑…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

定植

 茄子・胡瓜・トマト定植 今年は土壌の改良怠りなく準備万端整い植え付け完了、年と共に疲労の回復遅延、根気減衰の為作付け本数を減らす(ヤレヤレ)。若葉が薫る季節しばし爽やかな風を堪能し来る夏に備えたいと思います。  蛇の子現る 子が居れば親も居るはずが大蛇を見たのは大分昔である。  桃
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

百花繚乱

 花盛りの季節を迎えるが人の世は豊洲・森友とあだ花繚乱である、この狼藉を映すテレビをひもすがら飽きもせずながめている。  椿の花がポトリ・バサリと量感を残したまま落下する様を首打ちになぞらえて昔の武家社会はこの木を忌み嫌っていたようである、桜花の舞散るさまも・椿花の潔く落ちるも双方見事である。  畑のありさま 玉ねぎ生育…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

畑は春うらら

 春は名のみ寒さの続いたやよいの空も御仏のご加護か彼岸入りを前にようやく暖かな日和、いよいよ春の盛り(鳥啼き魚の眼は涙)の季節を迎え嬉しいはずも花粉を吸って天然ボーに拍車を掛けた脳天朦朧涙目状態の憂鬱な日々。    麦こぼれ種より成長 徐州徐州と人馬は進む(麦と兵隊)この青麦を見て広野を進軍する兵を想像するのは辛うじて昭和団塊の世代…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

光の2月

 2月も中旬朝晩の寒気は厳しいものの風止んで天道様がなかぞらにかかるころはお縁側には陽が一杯タントンタントン己で肩をたたいてマドロムああ快なるかな、それに引かえ冬の猛威に立ち向かう雪国の苦労は如何ばかりか、ひたすら耐えて耐えて雪解けの季節を迎える歓喜、山家育ちあのころの感動をもう一度などと言っては申し訳がたたぬ最早無理お前はクビだが落ち…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

冬将軍襲来

 先週の商店主・友の会新年発会のようす、食と健康に関する取材を精力的に行っている講師をお迎えし商店街のマネージメントについて助言を頂く、新年にあたり店主一同気持ちを新たに商店街発展のため諸々の意見交換を行った。    寒風にローバイ揺れる大寒波、さりとて骨の折れるズシリと重い雪の苦労は無い。  一粒の麦 敷いた麦藁より芽が出た今年…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

畑のありさま

 天候不順今日は一転蒸暑い、虫喰いスジッ葉状だった大根も持直し生育中、間もなく寒くなり虫共も姿を消すかやれやれである。  クルミ皮むき洗浄、自然健康食品一日一粒これで一年無病息災。  秩父連山遠望、今日もまたGDPに寄与出来ぬまま釣瓶落としの陽が沈む、かくして非生産的な一日が終わり腰痛のみが残った。  祝卒寿、90年気の遠くなるよ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

巣食う虫

 大根の葉に虫が巣食う蝶々が卵を産み付けるようである、ひらひら葉の回りを乱舞する様はのどかだが隙を見せると付け入られ取り返しがつかない、夜のチョーは用無しとなったが昼の蝶との攻防はこれからも続く殺生な事である、台風連発雨もようの日々豪雨の恐れもあるようです、体力を温存しご自愛ください。  痩せガエル。  メダカの学校…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

隔年結実

 柿など果樹は自然のままに放置すると非常に多く実を結んだ翌年は木が弱りほとんど果実を結ばず、なり年(豊作年)とふなり年(不作年)を繰り返すとのこと成程と納得した次第、蛇足ながら我が長年の(連合いの木)は毎年不作です?。  菓子胡桃 ふなり年すう個の結実。  柿 昨年はなり過ぎ小さいまま熟柿状態となった、今年は結実数少ないものの案…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鳥害

 朝方からの本降りも昼過ぎには晴れ間が広がり蒸し暑くなりました。 色付く頃になると毎度のことながら鳥が啄ばむ、鳥害防止の網かけもめんどくさいので青臭いのを早めに収穫することにした、虫・鳥と生けるものは全て油断禁物ですが専守防衛に留め共存を図りたいものです。  鳥が律儀にも残してくれた物を頂戴する。  畑の片隅に衰弱し視力も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新ジャガ

 じゃが芋一株収穫 品種(バロンミヤ・交雑種)近年稀にみる豊作?、先ずは塩茹でにし芋本来の妙味を味わいます。  洗浄後皆きりょう良し  トマト大分大きくなりました。  キューリ・ナス取れ始めました、これからはベジタリアンに転向し穏やかに日々を過ごします。(無理か)  
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

畑のありさま

 玉ねぎ収穫 労多くして益少なし、今年もまた大玉不発ながらその味は濃厚で芳醇なワインのような香り不思議な事です、いよいよ視覚聴覚に続いて味覚にも異変が生じてきたのかも知れない。  キューリ実つけ始める ウドン粉の兆候が見られるので要注意です。  トマト 小玉が付き始めました。  茄子 一番果(花)は摘み取るようです…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

外界新緑

 糸桧葉剪定 玄人は枝を細く長く垂れ下げ微風にゆらりと靡くよう剪定する、そのつもりで始めても上手くいかぬもの手間暇かけてやる事も無いわいと仕上げはご覧のとおりと相成った一年後は完璧に仕上げる予定、陽射しの下の作業は喉が渇くご本尊様枯死しないよう般若麦水を調達しておきます。    修行前  修行後  畑のありさま トマト苗植えつけ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

畑のありさま

ナス苗植えつけ  接ぎ木苗はチト値が高いので今年は止めにした、どのみち余り収量が見込めないのであれば安いに限る。早朝に見る露の光沢を纏い江戸むらさきで染め上げたような艶やかなナスビは美しい。 緑葉輝く  芽吹きから新緑真っ盛りとなる季節を迎える、元々乏しい感性ながら五感の衰えか歳ととも諸事に感動が薄れて目まぐるしく時は過ぎ去る、寂…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

畑のありさま

 冬将軍さまも撤退前進と往生際が悪いようで初夏の陽気からまたも真冬に忙しいことですが春爛漫、醍醐の花見はもうすぐです。   ブロッコリー 花が咲いて終わりとなる。  玉ねぎ 寒気に耐え太る。  のらぼー菜 昔飢饉の時この菜により多くの人々が救われたとの事、非常時に備え栽培している。   「年年歳歳花あい似たり 歳歳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光の2月

   朝夕の寒気は厳しいが立春の陽射しに誘われ運動不足解消と一念発起、ドッコイショと鍬とスコップで畑の耕作久方振りの大汗、硬く締まった土壌を回復させるには骨が折れます。    枯枝葉を片付けを兼ね放り込む、やがて発酵分解豊かな実りを期待、重労働後の腰痛・筋肉痛・疲労回復には発酵飲料(度数25~40程度)が最適のようです。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ピンクのツバキ

   桃色椿咲く 例年真紅のものがピンクとなった吉兆である、雌伏○○年いよいよ盛運の時きたるか「好事魔多し」修行怠りなく定めに身を任せます。  ハイビスカス のようです陽気の加減か蕾もふくらんできました。  バラ一輪残る 何ともおどろおどろしい色彩となりました。  畑のありさま 大根・菜っ葉等の盛りながら山羊・羊に有らず…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

畑のありさま

 玉ねぎ・キャベツ苗植込み、冬場は虫害も少なく残るは哀れな網目の姿も免れます、両方とも大玉の収穫は見込めませんが冬場の彩りとして腰を擦り・サスリ植込み完了です。 大根・白菜生育状況、大根は順次収穫中、白菜は固く締まったものは出来ませんが後しばらく味もそこそこです。 ミカン色付く、これも甘くなると鳥が狙います、今年は不作でした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老人と脂

 孫に手を引かれてのホルモン焼アブラたっぷり久方振りのモツ焼きで、関節・回転部分グリスアップ完了即ギアの回転円滑、歩行軽快軋みが無くなった、施工から保守点検と作業は厳格に行わなければなりません。  コンニャク玉取り込、まだ小さいので埋戻し収穫は1年後にします、耕作・玉埋め作業汗をかきました。  里芋3株収穫この程度、土壌の改…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

畑のありさま

  秋色漂う神無月ですが何とはなくよろづ神の気配が感じられるこの頃です。  芯喰虫被害、中枢をやられた大根・白菜は大成しません、野菜まして人間においてをや(自戒)  大根1本収穫、堆肥不足により土壌が締まり小振りでピリリと辛くなります。  木枯らし1番から数日の風に落葉、一気に黄色・赤色が秋空を彩ります。 …
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

畑のありさま

 里芋そろそろ収穫時。  サニーレタス移植。  赤大根生育中。  ブロッコリー生育中  五番目誕生(孫です)≒1ケ月  上4名含め全て♂有りがたきかな。  銀杏昨日早朝(前夜半強風がありました)公園で拾う、皮取り洗い・洗浄・乾燥・殻割り・薄皮取り・煎り焼き等口にするまで手間が掛かりますが、もちっとした…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

剪定作業

 ヒバの枝落とし一年もすると生茂り風・光を遮断する詮方なしジョッキンバッサリ切落す、切り枝は畑の堆肥用少々腰には来るが纏めて積んで置きます。    肩痛・腰痛発症前。  肩痛・腰痛発症後。治療薬は  柿の実異常。早くも熟柿となるもの、また落葉も多く成り過ぎか土壌に原因が有るのかも知れません、鳥が群…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

領空侵犯

 大ビワ国の枝が無人となった隣国の領空を侵犯し実行支配を強めて来た、空家とは言え看過出来ないので集団的自衛権を発動し大ビワ国を諌めるため早朝より作戦開始。 オペ前 オペ後(隣家は廃屋となるようなので自家の領空部分のみの掃討に作戦変更) 芯を喰う虫、大根・白菜の芯に潜み旨いところを食べ枯らす奴、困ったものです。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

畑のありさま

 雨と曇り空が続いている涼しくて快適ですが畑には晴れ間も欲しい、数日前まいた8月播種用の大根が発芽した、豪雨で全滅することも間々ありますが全て自然の思し召し、以後間引き・土寄せ等秋の作業が始まります。    里いもヤヤ持ち直したようです。  ミニトマト撤去、いろどりに少し残しました。  モロヘイヤ・オクラ、暫くはねば…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

畑のありさま

 暑さと水不足で里芋の葉が枯れ始めた、隣畑の農業士の里芋の葉は艶やかで異常無し、やはり作物は土壌作りからどぜうといえば柳川ですがこの時期食指が動くことはありません。大振りの冷えた泥鰌を5・6本も踊り食いで喰えば元気溌剌かも知れません。  オクラぬめりから畑の泥鰌(?)と言われます、これも元気がでます。  蓮花もこれに…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

畑のありさま

 夏季は早朝作物の生育状況を見て収穫し軽く手入れを行う程度にしています、当地は蚊が多く腰に線香(カトリ)吊るすのですが風向を計りヤリ手のメス蚊が奇襲をかけます、江戸の昔から(彼ほど煩きものは無しブンブ・文武と夜も眠れず?)と言われる嫌われものですが、蠅蚊といえども生類殺生は慎んだほうが良いのかも知れません。 ミニトマト 藪となる …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

畑のありさま

   雨も夕刻小休止となり野菜の収穫、いよいよ梅雨本番です。  モロヘイヤ、カルシウム・カロテンに富み葉に粘りがあり栄養価は高いとのことオクラ同様に好みの野菜です。     今日の夕食はこれらの生り物と炭水化物,健康食不足分は25度の経口飲料で英気を養い精進します。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

畑のありさま

 夜盗虫(蛾の幼虫)の食害、にっくき盗賊どもに丹精込めた苗木の茎を食いちぎられてしまう食害が多く発生します、ここは火盗改方長官長谷川平蔵殿にご出役願うしかありません。(この虫けらにも劣る悪党め地獄へ落ちろ夜盗虫曰く俺たちゃ虫だー)ナメクジおしょう参上これまたキュウリ苗の葉を舐め取ってしまいます罰あたりなヌルヌルオショウさまです。茄子収穫…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

畑のありさま

ジャガイモ収穫2株でこんなもの修行不足 喝きゅうり、うどん粉病(雨呑粉ではありません)発生薬剤散布も効果無しお手上げです。蒟蒻玉の木、秋手前コンニャクを作ります。里芋7株(品種セレベス)芋煮をツマミに焼酎を呑みながら秋の夜長を静かに過ごします。  梅雨入り間近の晴天でした気候不順の折ご自愛下さい。
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

畑のありさま

玉ねぎ収穫完了(長い時を経て) 玉ねぎなどたいした手間も掛かりませんが昨秋11月より早7ケ月まったく月日の経過は早いものです、少年老い易く学成り難し、老境に至り実感するところです。 イエローアイコ(ミニトマト)グッとネーミングです 桃太郎(大玉トマト)
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more