小春日和

暖かい日が続いてありがたいことです、郷里から蜂屋柿を貰った、そのむかしは樹上で十分熟し甘くなった大きな実を顔に塗りつけるようにして食べていました、早速干し柿に加工効率良く乾燥させるため細切りにして網干に、ヨーグルトに添えて食べると良いようですが三つ子の魂故か己は原形を好みます。

003.JPG

004.JPG

柚子唐辛子の材料乾燥中。 
010.JPG

柿の木切り詰め、決死の覚悟で梯子を上ったが身の危険も感じる無く完了、最近の鋸は切れ味抜群。丸太、枝はマキストーブを使用している御仁が有りがたいことに片づけてくれる、時間が長持ちし燃料には生丸太が一番とのことです。
005.JPG

004.JPG

極楽鳥 越冬し咲くのは春のことか、屋内に避難させるのが一苦労である。
011.JPG

カマキリ動かず このところの暖かさに未練が残り成仏できずにいるのか、人間界も大変なご時世こちらは簡単に成仏してはいけませんしぶとく生きましょう、ご自愛ください。
007.JPG


アンデスの乙女

アンデスの乙女(ハナセンナ)という南米原産の花木だと知りました小粋で清楚な感じがする。
006.JPG
柿は老木故か実りが良くない、高木だと手に余るので半分程の高さに伐採する予定、枝が伸び再び実を付ける3年か5年後の秋まで生きて見届ける積りながら、これも難儀なことだと溜息を衝いている。
025.JPG
蜜柑今年は豊年、これも丈を低くして風通しを良くしなければいけない、脚立が使える足腰がある内にと思っても時の過ぎ去るのは瞬く間である。
019.JPG
畑 大根・白菜・ブロッコリー等も厳しかった残暑と虫害に耐え生育中、玉ねぎ苗の植付けが終り晩夏から秋にかけての畑作業は終了する、後は蔬菜を食しながら春の来るのを耐えて待つ。コロナは続くどこまでも困りました、生業が立たず厳しい局面に立たされている人も多いと思います、ともかく平常心を心がけ難局を乗り切るより他に有りません、ご自愛ください。
021.JPG

020.JPG

022.JPG

神無月も中旬

炎天に参ったかと責められグウの音も出なかった夏も終わり、はや10月も中旬を迎えてしまいました、何をしていたのかおぼろですが一応乗り越えることができました、あとは健全な精神を育み体力を付けて、夢か現かをせめて見極めできるようにしたいと思っています。

胡桃拾いに出かけました、たわわに実った大木を見つけましたが草木繁茂し到達出来ません、極楽への途も同様かもと未練を残し早々に撤収しました、曼珠沙華と樹木の中に見える人影は幻では無く家人です。
001.JPG

何の花か咲いていました。
006.JPG

蓮の花も終わり 来季もまた花開くを待って枯葉の片付けをします。
009.JPG

恍惚のブルース クラスターも恐れずマイク持つ手に力が入ります、北海道を徒歩で縦断の壮挙に挑戦するくりさん初め商店主皆さんの活動には頭が下がります、せめて生きている証に精々現況を発信したいと思います、宜しく御付き合い下さい。
008.JPG

二百二十日

二百二十日を過ぎ9月もはや下旬を迎える今まだまだ昼間は暑い暑い、年寄の難儀をみかね次週敬老の日以降天は安らぎを与えてくれるようです、感謝ですしかし束の間、すぐ寒いサムイと愚痴をこぼし独り言呟く老いた日々が始まるのです準備怠りなくしたいものです。

008.JPG
畑のありさま 
 種から育てた茄子秋ナスです。 
006.JPG
大根無常 熱波と虫害と豪雨でこのありさま播種時期を誤りました。
011.JPG
蜜柑芳香を放つ 大胆に枝を切り樹間に涼風を渡らせる事、と言われながら放置日陰が広くなりました。
005.JPG
オンライン会議の様子 皆さん精気溌剌ですが坊主は元気が有りません。気が滅入りるこの頃ここはさすがの菅さんに驚天動地の奇策で、日本の起死回生を期待したいと思います。頑張りましょう。
002.JPG

猛暑にあえいだひとつき

梅雨明けからの一ヶ月が今年は三ヶ月にも感じられる暑い8月でした、熱中症に十分注意し畑作業にいそしみます。

畑のありさま
 少ない空き地に大根を撒く、暑さと虫害(紋白蝶が卵を産み付ける昼の蝶・夜の蝶全て油断大敵)で大分没になりました。

016.JPG
 ミニトマト そろそろ末期の時を迎えました。
017.JPG
 里芋 日照りの為葉が枯れ出来も良く無いようです。
018.JPG

菓子胡桃の葉 虫に食われて丸坊主(合掌)ムシがムシを呼び来季も大発生となります。
020.JPG

花いまだ衰えず 順次咲いています。
021.JPG
この風情がなんとも。
004.JPG
忍び寄るウィルスに防御線を張る免疫軍に見えます?。
005.JPG

長月になりましたがまだまだ残暑厳しいようです、モリトモ・カケ・サクラをミルカイ等レガシーでは有らずとも人々の記憶に残ります、腸の難病を抱えながらも世界の首脳と五角に渡り合うなかなか出来ることでは有りません、辛かっただろう寒かっただろうと忖度しています。何とかひと夏乗り越えたようで精々頑張ろうと思います、皆様もご自愛くださいますよう。
008.JPG

真夏の昼の夢

潮騒には無縁の地で牡蠣を焼く。有難い世の中になりました炎天下熱中症一歩手前のなかで、麦酒とともに味わう潮の香りと味は格別上等に思われました。(美味は炎天熱中に有り)

003.JPG

015.JPG

009.JPG

シロアリトンネル 唾液と木屑で造成するとのことよく見ると美しいものです、被害甚大となりました。
006.JPG

猛暑続きとコロナの脅威で元気がありません、野菜食と水分補給を心掛け乗り切りたいと思います、ご自愛下さい。
007.JPG

梅雨明け宣言

7・22PM晴れ。雨の毎日で鬱陶しいことですが梅雨明けはもう少し先のようです、一足先に梅雨が明けたもようということにしました、しぶといコロナウィルス軍に世界が席巻されています、このままでは東京五輪どころでの話では有りません、未曾有の国難を迎えた今、指導者たる者が右往左往では頼りないことです、このうえは防備を固めて自衛に徹するしかありません。

008.JPG

晴れの日の蓮
002.JPG

005.JPG

006.JPG

日照不足のため生育不良です。
011.JPG

これからは高温多湿の熱帯生活に入ります、ご自愛ください。
007.JPG