春めく

前秋の残り菜に花が咲いているコロナ禍の故か世に憚り、沈黙を匂わせて元気が無いように見える、希望に燃える春は夢とついえるのでしょうか。
025.JPG

断捨離作業中懐かしい写真が目に留まりました三昔ほど前でしょうか、元気溌剌のころでした、往時を偲んでください。
001.JPG

有明の現場。
002.JPG

春は名のみの

春は名のみの風の寒さや
寒風の中にも空の明るさに春の足音が聞こえるこの頃です。新型感染症の収束は何時のことやら、当たり前の日常が壊され全く不都合なことですが、万物の再生する春本番を待つより仕方有りません。

光 の 春
 
026.JPG

032.JPG

034.JPG
  
また鍬を振るう季節が来る。
028.JPG

霊峰富士遠望
昔は遮る物も少なく鮮明に仰ぎ見ることが出来た富士山、当地に在住して半世紀近く幸か不幸かよくぞ生き長らえたものと、爾来交誼を結んだ皆さんの思い出と外界の変貌ぶりには感慨深いものがあります。
寒の戻りもありますが春本番はまもなくです、健康に留意されお過ごしください。
007.JPG

005.JPG
            


 

         

真剣勝負の3週間

目出度さも下の中ぐらいのおらが春
令和三年を迎えました、騒然とした世の中ですが今年こそは穏やかで明るい日常を取り戻せる時が来ると思います。年頭にあたり皆様の健康と益々のご活躍をお祈り申し上げます。

ロウバイが満開を迎える。
009.JPG

極楽には程遠い気分のこの頃。
001.JPG

年明けても新型感染症コロナでささらほうさら、なんだかんだとしゃらうるせーことです、偉いしょうちょんこずいてばかりでまあず困ったもんだわね。(下線部分ー信州中部の方言)
ここは沈思黙考し春の来るのをただ待つことにしますが、今年もまた「小人の考え休むに似たり」ということになりそうです。
      モッコー上人坐像 (不細工なのでマスクを着けました)
017.JPG





感染症終息祈願

孫がお寺参り、近くで遊んだついでに子等だけで世の平安を祈願したとのこと、目撃した住職がこれは殊勝な事だと撮影し後日お褒めの言葉を頂戴しました、罰当たりな爺さんと違いこれは偉いものだと感心しました。
        
002.JPG

冬空に蜜柑一つが暖を添えます。
006.JPG

極楽鳥一つ咲きました。
004.JPG

蠟梅が咲き始めました、狼狽する事の多かった令和2年、暮れから明けての年は吉事続く平穏な世となる事を祈りたいと思います。
009.JPG

小春日和

暖かい日が続いてありがたいことです、郷里から蜂屋柿を貰った、そのむかしは樹上で十分熟し甘くなった大きな実を顔に塗りつけるようにして食べていました、早速干し柿に加工効率良く乾燥させるため細切りにして網干に、ヨーグルトに添えて食べると良いようですが三つ子の魂故か己は原形を好みます。

003.JPG

004.JPG

柚子唐辛子の材料乾燥中。 
010.JPG

柿の木切り詰め、決死の覚悟で梯子を上ったが身の危険も感じる無く完了、最近の鋸は切れ味抜群。丸太、枝はマキストーブを使用している御仁が有りがたいことに片づけてくれる、時間が長持ちし燃料には生丸太が一番とのことです。
005.JPG

004.JPG

極楽鳥 越冬し咲くのは春のことか、屋内に避難させるのが一苦労である。
011.JPG

カマキリ動かず このところの暖かさに未練が残り成仏できずにいるのか、人間界も大変なご時世こちらは簡単に成仏してはいけませんしぶとく生きましょう、ご自愛ください。
007.JPG


アンデスの乙女

アンデスの乙女(ハナセンナ)という南米原産の花木だと知りました小粋で清楚な感じがする。
006.JPG
柿は老木故か実りが良くない、高木だと手に余るので半分程の高さに伐採する予定、枝が伸び再び実を付ける3年か5年後の秋まで生きて見届ける積りながら、これも難儀なことだと溜息を衝いている。
025.JPG
蜜柑今年は豊年、これも丈を低くして風通しを良くしなければいけない、脚立が使える足腰がある内にと思っても時の過ぎ去るのは瞬く間である。
019.JPG
畑 大根・白菜・ブロッコリー等も厳しかった残暑と虫害に耐え生育中、玉ねぎ苗の植付けが終り晩夏から秋にかけての畑作業は終了する、後は蔬菜を食しながら春の来るのを耐えて待つ。コロナは続くどこまでも困りました、生業が立たず厳しい局面に立たされている人も多いと思います、ともかく平常心を心がけ難局を乗り切るより他に有りません、ご自愛ください。
021.JPG

020.JPG

022.JPG

神無月も中旬

炎天に参ったかと責められグウの音も出なかった夏も終わり、はや10月も中旬を迎えてしまいました、何をしていたのかおぼろですが一応乗り越えることができました、あとは健全な精神を育み体力を付けて、夢か現かをせめて見極めできるようにしたいと思っています。

胡桃拾いに出かけました、たわわに実った大木を見つけましたが草木繁茂し到達出来ません、極楽への途も同様かもと未練を残し早々に撤収しました、曼珠沙華と樹木の中に見える人影は幻では無く家人です。
001.JPG

何の花か咲いていました。
006.JPG

蓮の花も終わり 来季もまた花開くを待って枯葉の片付けをします。
009.JPG

恍惚のブルース クラスターも恐れずマイク持つ手に力が入ります、北海道を徒歩で縦断の壮挙に挑戦するくりさん初め商店主皆さんの活動には頭が下がります、せめて生きている証に精々現況を発信したいと思います、宜しく御付き合い下さい。
008.JPG