真夏の出来事

 無沙汰をしているうちに立秋となり昨日今日と涼しい、甘美にして目くるめくような夏の日の思い出には程遠い相も変らぬ真夏の出来事である。 

 花火会場を強雨が襲う、かなり長時間洗礼を受け眼が眩んだ。
画像

 小降りになり打ち上がる洗われたように美しい。
画像

 夏祭り、中学生のダンス軽快に楽しく踊る、我が時代とは隔・隔・隔世の感がある当たり前か。
画像

 祭りのあと、恍惚のブルース。 
画像

 ムクドリが芝に、虫を狙ってか珍しい。
画像

 冬瓜、かんぴょうにする夕顔に似ている、大きくなり自重に耐えられず地上に立つ。
画像

 アマボクシング界のカリスマ会長も決断の時が来たようで、午後はその顛末を見ながら台風に備えたいと思います。
 那須農業研修において多大な成果を収めたこと御祝い申し上げます、これはコンプライアンスの徹底した商店街店主会ならでわの事と思われます。
 台風13号昼から明日午前ぐらいまで大雨強風となる予報警戒怠りなく、猛暑が続きましたが台風去って再び蒸暑となるようですご自愛下さい。

 

"真夏の出来事" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント