春のひかり

 春は名のみの風のさむさや 谷の鶯歌は思えど 時にあらずと声も立てず・・・ 春と聞かねば知らでありしを 聞けば急るる 胸の思いに・・・信州穂高町辺りの雪解け風景を詠った吉丸一昌作詞の早春賦。
 畑のありさまを見て心せかされる春がまた来たかと茫然とした思いのこの頃です。
画像

画像

 玉ねぎ ネコの立寄りも無くなる。
画像

 ブロッコリー 厳寒に耐えて。
画像

 春は此処にも。
画像

 種ジャガイモ(北あかり) 植え付けまえ春光を浴びせて満を持す。
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

konkon
2018年03月06日 14:35
晴庵さま、早春賦乙です。
確実に春が来ています。晴耕雨呑の季節になります。
体に気を付けて、大地の恵みを収穫して下さい。高い所には気を付けて。
seian
2018年03月07日 16:49
今日明日は冬に逆戻りの寒さですが以降は名実ともに春が来るようです、縮こまらずにエクササイズに励みたいと思っています。

この記事へのトラックバック