テーマ:日常

小春日和

暖かい日が続いてありがたいことです、郷里から蜂屋柿を貰った、そのむかしは樹上で十分熟し甘くなった大きな実を顔に塗りつけるようにして食べていました、早速干し柿に加工効率良く乾燥させるため細切りにして網干に、ヨーグルトに添えて食べると良いようですが三つ子の魂故か己は原形を好みます。 柚子唐辛子の材料乾燥中。  柿の木切り…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アンデスの乙女

アンデスの乙女(ハナセンナ)という南米原産の花木だと知りました小粋で清楚な感じがする。 柿は老木故か実りが良くない、高木だと手に余るので半分程の高さに伐採する予定、枝が伸び再び実を付ける3年か5年後の秋まで生きて見届ける積りながら、これも難儀なことだと溜息を衝いている。 蜜柑今年は豊年、これも丈を低くして風通しを良くしなければいけな…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

神無月も中旬

炎天に参ったかと責められグウの音も出なかった夏も終わり、はや10月も中旬を迎えてしまいました、何をしていたのかおぼろですが一応乗り越えることができました、あとは健全な精神を育み体力を付けて、夢か現かをせめて見極めできるようにしたいと思っています。 胡桃拾いに出かけました、たわわに実った大木を見つけましたが草木繁茂し到達出来ません、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

二百二十日

二百二十日を過ぎ9月もはや下旬を迎える今まだまだ昼間は暑い暑い、年寄の難儀をみかね次週敬老の日以降天は安らぎを与えてくれるようです、感謝ですしかし束の間、すぐ寒いサムイと愚痴をこぼし独り言呟く老いた日々が始まるのです準備怠りなくしたいものです。 畑のありさま   種から育てた茄子秋ナスです。  大根無常 熱波と虫害と豪雨でこの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

猛暑にあえいだひとつき

梅雨明けからの一ヶ月が今年は三ヶ月にも感じられる暑い8月でした、熱中症に十分注意し畑作業にいそしみます。 畑のありさま  少ない空き地に大根を撒く、暑さと虫害(紋白蝶が卵を産み付ける昼の蝶・夜の蝶全て油断大敵)で大分没になりました。  ミニトマト そろそろ末期の時を迎えました。  里芋 日照りの為葉が枯れ出来も良く無いよ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

真夏の昼の夢

潮騒には無縁の地で牡蠣を焼く。有難い世の中になりました炎天下熱中症一歩手前のなかで、麦酒とともに味わう潮の香りと味は格別上等に思われました。(美味は炎天熱中に有り) シロアリトンネル 唾液と木屑で造成するとのことよく見ると美しいものです、被害甚大となりました。 猛暑続きとコロナの脅威で元気がありません、野菜食と水…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

梅雨明け宣言

7・22PM晴れ。雨の毎日で鬱陶しいことですが梅雨明けはもう少し先のようです、一足先に梅雨が明けたもようということにしました、しぶといコロナウィルス軍に世界が席巻されています、このままでは東京五輪どころでの話では有りません、未曾有の国難を迎えた今、指導者たる者が右往左往では頼りないことです、このうえは防備を固めて自衛に徹するしかありませ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

蓮の花

7月も半ばが過ぎました梅雨空が続きます、曇天が長引くと炎天が恋しくもあります、「熱風噴射コロナウィルス全滅作戦」を秋までには成功させたいものですが見通しは暗いようで、ましかし気の持ちようガッツで行きましょう。 ハスのはなが開きました雨に打たれてあまり精気がありません。 手前魚醤 イワシ漬け込み4…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

半年過ぎて

ハスの開花近し また巡ってきました。 ノウゼンカズラ 畑のありさま 成長早く手を抜くとジャングル状態、この時期は植物の支配下に入り農奴となります。  里芋とオクラ。 6.21孫の手を借りてジャガイモ収穫、援農ボランティアのお礼は新ジャガです。 瞑想中、顔面アップするとデスマスクのようですがマスクが救いです、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

タケヤブのタケノコ

河川敷のタケヤブ。 河川敷のやや竹林風のタケヤブ。 収穫 タケヤブの竹の子、今年は大量発生しました、多く持ち帰っても下処理に一苦労します。 河川敷の竹の子は何故か泥臭いような感じがし、その味は整然と管理された竹林の筍には遠く及びません。 紫陽花の季節になりました。 当節この姿で出かけます、チョット前まで…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ドッコイ生きていた

あと一か月で半年が過ぎ去ります諸行無常、行く果てはに待つのは光明か暗黒か世相は断末魔の如くのたうっています、因果応報今は思索の時かも知れません、また眩い宝石を散りばめたような朝と平穏な日常が必ず訪れます(合掌)。 畑のありさま  玉ねぎ 大玉には程遠いがまずまずの出来となりました。  ジャガイモ 食べ残しを種芋に、これもま…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

お家のむ

誕生月は美酒来る、古稀の年を迎えた時これが最後の誕生日かヤレやれまずは目出度し、と肩が軽くなった気がしたのですがその後3年が過ぎてしまいました、酒の妙味を判別する能力は悲しむべきかなますます冴え、浮世のことは夢まぼろしを見ているようなアブナイ心境になってきました、西日差し込むころ、一人修行を兼ねた思索の時を過ごします。 美酒のつま…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

空白の日々

世事に追われ遮断されたような日々を過ごすうち気付けば明るい新緑の季節を迎えていた、自然の装いは同じでも外界はコロナ一色全く鬱陶しいことで、気晴らしに飲み屋さんに出掛けるのも憚られるのです。 忙中閑あり、気力を振るい立たせ野菜苗を植え付けた茄子・胡瓜・ピーマン・ミニトマト等、玉ねぎは茎が大きく育っている。 菓子胡桃空高く 伐採…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

春のさかりもこころはくもり

コロナ感染症、甘く見たのが運の尽き一向に終息の見通しがつきません、花見ほか諸行事も中止となりで憂鬱な日々です、総理閣下令夫人桜花の下での呆け顔写真にはアキレます、ここは閣下にビシッと喝を入れてもらいましょう、ともあれ罪業は深重でも救いは有るはずと、平安を装いながら静かに天命を受け入れる心境になりました。ご自愛ください。 サクラも散…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

春暁

明け方西の空におぼろげな月が架かっている、春眠暁を覚えずのはずが年寄は早寝早起き、アカツキ前には目が冴え外に出て紫煙をくゆらすのである、これはあまり宜しく無い昼頃協力な睡魔に襲われるのです。 椿も咲いて万物華やぐ季節となった、さてこれからと気合を入れたいところだが外界は新型コロナ騒ぎ一色、寄合会合など軒並み中止延期になり意気消沈、…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

令和2年2月、はや晦日

暖冬のままはや三月を迎える、今季は冬の寒さからやっと解放され春を迎えるという感激があまり無い、梅花を始め自然もまた溌剌とした精気が薄いように感じられる、まあこれは眺める当人が老いて感性が衰えた証し、ということのようです。 足元定かでなくなり都会に出るのが億劫になった、先日の商店主会寄合のついでに日本の味を購入。 広島県江…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

春浅し

今季は暖かく四肢の硬直も軽度で済んだ、このまま桜咲く春まで過ごせるかとちょっと期待したのがおお甘、全身硬直を迎えやがて弛緩状態になっては困る。適度な運動と栄養補給で免疫力を高めて新型コロナに対抗しうる体力・気力を養いたいと思います。風が吹けば桶屋が・・・お店でもマスクの在庫無しでした。 足場が悪くヒヨドリ他野鳥も啄ばむことがで…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

冬深し

最も寒さ極まる時期となりました、大寒入りを前にしても(冬深し)とは思えない早春のような気配の日々が続きます、「冬来たらずして春となる」やはり温暖がいちばですが、油断禁物手強い冬将軍さまもこのまま降伏撤退するとは思えません、「極寒ありて春もえる」今暫く備えを固め対峙したいと思います、ご自愛ください。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

謹賀新年

 良い年をお迎えのことと思います、本年もまた宜しくお願い申し上げます。 大晦日の夜半、折からの寒風肌を刺すなか百八煩悩の一つでも祓おうと意を決し菩提寺の鐘つきに出掛けた、猛烈な寒気のため事前に仕込んだ体内発熱燃料の消費も早い、極寒の国の人々は火の出るような酒に依存し早死にの傾向があるとのこと、むべなるかな・・などと下らないことを考…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

コンサート

陸上自衛隊音楽隊コンサートに招かれ、威勢の良い音楽を聴いて元気を出そうと寒い中勇んで出かけた、クラシカルなものから現代調のものまで、時には鼓膜が破壊されるような音量に圧倒された2時間、閉演後は姿勢を正し速足で忘年会場に向かいました。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

師走入り

先月末ブログ商店街店主会の寄合、おなじみ清龍での宴席が終り人混みを掻き分けながら東上線改札へ辿りついたまたも事故により電車動かず、待てども待てども復旧の様子が無い痺れを切らし西口駅近くをしばし散策し飲み直したのちホームに戻ってさらに一時間待ちで発車3時間半の帰路長い旅となりました…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

立冬

先月末信州を旅する機会を得る 曇天視程不良のため北アルプス連山眺望叶わず残念。 元祖芋ジルと里芋の煮物 美味なるかな昔が蘇る一時、鱈腹頂戴する。 段々畑に向かう おのおの足元今だ衰え少なく、自分のみが難儀して緩やかな坂を上る。 谷間のパッションフルーツ 南国の味覚をはからずもこの地で。遠い記憶を覚醒させるような不思…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

大風の後に

甚大な被害をもたらした台風19号去って2週間、各地の惨状を見るにつけ痛恨極まりない思いです、新時代令和を迎えた儀式が滞り無く終ろうとしています、より良い御代を築くため共助の心で国難に立向いましょう。 胡桃の木は残った これが倒れたらと心中穏やかでは無く当日は眠れぬ一夜を明かしました。 落下した実 集める手間が大分省けたのです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イモジル

とろろ イモ汁にマグロを乗せればオオトロに、何を食しても即活力になった若かった頃、今やよーしガンバロウの気力は失せてしまいました、山家育ちの身ではマグロの山掛け等知る由も無くただ汁掛メシを何杯も掻っ込んだ。郷愁でしょうか今だにその味覚と快感は忘れ難いものが有るのです。 新米30㎏ 機械化されたとはいえ春から秋精米に仕上げるまで…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

秋彼岸

秋の彼岸入りまで2週間ほど、この一両日台風15号の影響か蒸し暑くなった、蛙が南瓜に揺られ微動だにせず虚空を睨む、己が運命の儚さを嘆いているようでもあり、またすべてを達観した安らぎの表情にも見える。 LEARNING NEVER ENDS 紺野商店池袋事務所入り口看板、「学習に終わり無し」言うは易し行うは難し。 騒がしかっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

台風接近猛暑和らぐ

台風10号が迫り晴れたかと思えば風雨が走る、猛暑はやや納まれど去った後はまだまだ酷暑、台風一過爽やかな秋天を期待するには気が早いようです。 カエルの孫は蛙 大五郎を持つ手がサマになっている。 花火 もやにかすみ幻を見ているような風景。 蜘蛛の糸 今年は蝉が湧いた…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

暑さ寒さも

暑さ寒さも彼岸まで、にはまだ遠い昼夜の熱帯暮らし内も外も荒行の場で、紺野商店謹製の温度計を見て気力を奮い立たせ修行しています。 ヤゴ ザザムシと同類ならば佃煮にすればウマイはずです。 暑中お見舞い申し上げます、猛暑で痩せると思いきや水分過多で大汗逆太り、態度を改めなんとか乗り切…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

蓮の花

雨模様の日々が続きます梅雨明けは8月にずれ込むのでしょうか花も元気が有りません、参議院選老いの一票を行使して来ました。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

谷間の筍

谷間の小さな段々畑の主人より真竹の筍が届いた柔らかくして歯応えがあるこれが本物、味が良い深山幽谷は大袈裟だがタケノコは谷間の小さな段々畑産に勝ものは無い。 蓮の花 開花間近です。 曇り空 日照不足により近所の農家さんでも野菜の育ちが悪いとのこと、曲りキュウリ・変形トマトは当庵だけでは無いらしい。 唐辛子生育…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

筋肉トレーニング

有り合わせのもので筋トレをしている、朝夕2回上下運動100回程度でも継続するのは難しい、階段をトントンと上り下りした昔が何と仕合なことだったと思うのである。筋トレ効果はあるように思います。 蓮の葉 花はもう直ぐ。 ネジ花 このころから芝生が勢いを増して他領を侵犯する専守防衛では手遅れとなる。 ジ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more