真夏の昼の夢

潮騒には無縁の地で牡蠣を焼く。有難い世の中になりました炎天下熱中症一歩手前のなかで、麦酒とともに味わう潮の香りと味は格別上等に思われました。(美味は炎天熱中に有り)

003.JPG

015.JPG

009.JPG

シロアリトンネル 唾液と木屑で造成するとのことよく見ると美しいものです、被害甚大となりました。
006.JPG

猛暑続きとコロナの脅威で元気がありません、野菜食と水分補給を心掛け乗り切りたいと思います、ご自愛下さい。
007.JPG

"真夏の昼の夢" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント