令和2年2月、はや晦日

暖冬のままはや三月を迎える、今季は冬の寒さからやっと解放され春を迎えるという感激があまり無い、梅花を始め自然もまた溌剌とした精気が薄いように感じられる、まあこれは眺める当人が老いて感性が衰えた証し、ということのようです。

足元定かでなくなり都会に出るのが億劫になった、先日の商店主会寄合のついでに日本の味を購入。
031.JPG

025.JPG

広島県江田島市産、「だし道楽」万能調味料(焼きアゴ1本入り)紺野商店主より紹介されました。宮城県白石市産、「温麺」。
009.JPG


新型コロナウィルス騒ぎ、行き交う人はマスク姿が多く人出も少ないように思われた、大変なことになりそうです国難には国民総出で立向いましょう。宴会会食等は以ての外、家に籠り外出はチリ紙類の購入時だけにするつもりでいます。

"令和2年2月、はや晦日" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント