胡桃割り

 ファーマー氏に伝授していただいた方法でクルミ剥き、フライパンで煎り開いた口を頑丈なナイフでこじ開ける、トンカチで割ると殻の細片が混入し食した時ガリッ、アリャリャ歯ッ欠けかとなるがこの方法はその心配は無いようだ、流石に大農園主殿の言われることは理に適っている以後胡桃割りはこの方法にする事にした。(御礼)
 
画像
 
 中身取り出し完了。
画像

 ネコ害対策 玉ねぎ苗を植えた所へを毎朝お出ましになり用を足し蹴散らかす、ネコにワルギは無いなど言っては居れぬこの善良?な住人に何か遺恨が有るとしか思えないのである。(ヤラレタラ半返し)
画像
 
 防護柵を回りに設置するもジャンプ力を侮っていた為効果が無い金網で覆う、何とも平和なことである。
画像

 畑のありさま 大根・白菜・人参等が成育中。
画像

 金木犀切り 手に負えなくなる前に木の半分上部を切る、ありきたりの作りでは無い息を飲むような独得の景観が現出するのである。
画像

画像

 スズメバチ現る女王蜂も凍死するような寒さです、このところ大相撲界はビール瓶か素手かでスッタモンダ騒がしいことですが親方間の確執が根にあるようです、師走の足音が聞こえてきました厳しい冬になると思われます、ご自愛下さい。
画像


"胡桃割り" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント