タケヤブのタケノコ

河川敷のタケヤブ。
030.JPG

河川敷のやや竹林風のタケヤブ。
035.JPG

020.JPG

収穫 タケヤブの竹の子、今年は大量発生しました、多く持ち帰っても下処理に一苦労します。
河川敷の竹の子は何故か泥臭いような感じがし、その味は整然と管理された竹林の筍には遠く及びません。
028.JPG

紫陽花の季節になりました。
004.JPG

009.JPG

当節この姿で出かけます、チョット前までは完璧な不審者です、スーパーのレジではお釣りの手渡しが有りません、投げ出された小銭を急いで拾う様子を店員が楽しそうに見ています。このひと夏元気で乗切りましょう、ご自愛ください。
002.JPG

ドッコイ生きていた

あと一か月で半年が過ぎ去ります諸行無常、行く果てはに待つのは光明か暗黒か世相は断末魔の如くのたうっています、因果応報今は思索の時かも知れません、また眩い宝石を散りばめたような朝と平穏な日常が必ず訪れます(合掌)。

畑のありさま
 玉ねぎ 大玉には程遠いがまずまずの出来となりました。
010.JPG

 ジャガイモ 食べ残しを種芋に、これもまずまず。
001.JPG

 ピーマン
015.JPG

 キューリ
004.JPG

 トマト
018.JPG

 茄子
025.JPG

 南瓜 柿の木に絡ませ実らせます。
030.JPG

 長いも蔓の門 行き交う風景が一幅の画ように刻まれます。
024.JPG
亡母七七忌の前の己の姿を自撮りしました、哀れな姿です。 
039.JPG

居酒屋の忍び所に張ってありました、微粒子飛び交う悪所?。コロナも幼少期山野で揉まれ免疫力のアップした老爺には取り付かないようです、
蒸し暑くなりますご自愛ください。
019.JPG