お家のむ

誕生月は美酒来る、古稀の年を迎えた時これが最後の誕生日かヤレやれまずは目出度し、と肩が軽くなった気がしたのですがその後3年が過ぎてしまいました、酒の妙味を判別する能力は悲しむべきかなますます冴え、浮世のことは夢まぼろしを見ているようなアブナイ心境になってきました、西日差し込むころ、一人修行を兼ねた思索の時を過ごします。

美酒のつまみは油味噌 若玉ねぎを茎ごと味噌で炒めます、ああ美味なるかな。
018.JPG

蜜柑の花が咲いている。
004.JPG

畑のありさま それなりに生育しています、「自重して待て」コロナで気が滅入るこのごろですが光明に感動する大いなる悦びの時は目前です、泰然自若として過ごしましょう。
027.JPG

028.JPG

035.JPG