葷酒山門に

歳年72才の老イノシシが自然薯の群生を発見、身の危険も顧みず一心不乱に掘り当てた恐るべき執念である。古来疲労回復・気力横溢に抜群な食物と言われているが「葷酒山門に入るを許さず」の薫には勿論含まれていないようで、食しても修行の妨げにはならないようです。
011.JPG

修行の妨げになってもいいと強烈な食材に憧れる哀れなイノシシ、何と罰当たりなことでありましょうか。
019.JPG

一時の清楚で優美な極楽を思わせるも花も一転無残な立ち姿となります。
017.JPG

キューリ3番苗 まだ蒸し暑いカラッと爽やかな秋空は何所へ、秋空過ぎて冬の星座の季節は目前です、ご自愛下さい。
003.JPG


畑のありさま

2週間のご無沙汰でした月日の経つのは早いもの、涼しくなり畑の作業も楽になったが夏の疲れか体調はイマイチ状態。
不揃いの大根達 8月中旬に播種したが虫の食害等で不揃いである、土も酷使されたうえ搾取されては人間どうよう疲弊する。
003.JPG

ブロッコリー 4本入りポット¥200
004.JPG

白菜 1本¥70
006.JPG

唐辛子頑張る 順次収穫中。
008.JPG

蘇った里芋 全滅かと思ったが盛り返した。
013.JPG

樹上の南瓜 見上げればそこにかぼちゃ、イモとカボチャを食み越冬する。
016.JPG

百日紅 南瓜の蔓にからまれ元気が無いベニも色あせている。
026.JPG

菓子グルミ 外皮が開き間もなく落下が始まる。
023.JPG

台風15号は多くの災害を発生させ特に千葉県の被害は甚大なものとなった、住民の苦痛はいかばかりかと想像に余りあるものがある、当該の首長がこの事態についてノタマッタ「予測不能のことで誰彼が悪いというものでは無い」まして私の対応が悪いはずがないと言わんばかり、立派なものです。17号接近中です自助共助の心得で想定外の事態に備えるしかありません。


秋彼岸

秋の彼岸入りまで2週間ほど、この一両日台風15号の影響か蒸し暑くなった、蛙が南瓜に揺られ微動だにせず虚空を睨む、己が運命の儚さを嘆いているようでもあり、またすべてを達観した安らぎの表情にも見える。
041.JPG

LEARNING NEVER ENDS 紺野商店池袋事務所入り口看板、「学習に終わり無し」言うは易し行うは難し。
001.JPG

騒がしかった蝉の音も止んで静寂が戻った、燃やし尽くすように狂喜の短い時間を過ごし一生を終る。
127.JPG

柿の実の色付く頃までには体調ほぼ回復かと、暑かった夏が過ぎてちょっと期待している。 
017.JPG

今年は蓮の花が多く咲いた吉兆かも、幸運を期待するのは以後全て止める事にしました、結果は愚痴が出るだけ、悟りの境地も凡人はこの程度で留まっているのです。台風上陸のようです警戒怠りなく、暫く暑さが戻るようですご自愛下さい。
008.JPG