台風接近猛暑和らぐ

台風10号が迫り晴れたかと思えば風雨が走る、猛暑はやや納まれど去った後はまだまだ酷暑、台風一過爽やかな秋天を期待するには気が早いようです。

カエルの孫は蛙 大五郎を持つ手がサマになっている。
011.JPG

花火 もやにかすみ幻を見ているような風景。
132.JPG

蜘蛛の糸 今年は蝉が湧いた、獲物をスズメバチが横取りをする。残暑お見舞い申し上げます、夏の嵐警戒怠りなく。
020.JPG


019.JPG



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

konkon
2019年08月16日 12:33
晴庵さま、台風乙です。
目立った被害が出なくて、よかったです。
まだまだ、真夏の苦しみが続きます。
蜘蛛の糸に絡んで、2日か3日極楽浄土に連れて行ってもらえないか考え中です。
2019年08月16日 18:44
日が沈んで涼風も有り蒸し暑さも和らぎました、また明日から酷暑のようです、極楽浄土体験旅に参加したいのですが彼の地は全ての人が「戻れなくてももう良いの」とそこに永遠に留まるようです、素晴らしいことです。
ギャラリー静河
2019年08月17日 13:16
台風の去った後は、ミニ台風の襲来の様子、何よりです。
あと10年で孫と一献ですかね。そのときまでに大五郎の飲み方を教示ですよね。

お庭で花火とはなんとも羨ましい環境ですね。
都会の公園では、周辺環境が厳しく、最近は花火をやる姿も見かけなくなりました。
それこそ通報され消防車が飛んできますよ。
2019年08月18日 06:44
秋播き野菜用の畝床を作る時期になりました、乏しい思考力を僅かでも蘇らせるために汗にまみれ鍬を振るい、弛緩した精神に活を入れることにしました、結果極楽浄土か灼熱地獄を見ることになるかも知れません。