秋収めから冬へ

立冬から一週間朝夕は肌寒くなった庭木の手入れもほぼ終わり、あとは畑の野菜を食べながら冬籠りに備えることになる。

畑のありさま 台風による被害から持ち直し先ず先ずの生育状況。
 
画像


 大根 締まった土壌のため小振りながら極辛、なま食では汗が出るほど。
画像


 サニーレタス このまま放置しても春先まで収穫できる。
画像


 ブロッコリー 虫害も寒さ募ればそろそろ終わり、有機栽培と言えば聞こえが良い。
画像


 柿の木剪定 思いきって身の丈ほどに切るとまた再生するが、再び実の成る姿を目にすることは有り得え無い躊躇するのである。
画像


 ミカン実る 小粒は市販の物に劣らず結構美味いこれでビタミン不足を補う。
画像


 冬が来る、憂鬱な気分とまた歳の瀬大晦日を迎えることが出来るかも・・と言う安堵する気もあります。体調に気を付けてお過ごしください。
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

konkon
2018年11月15日 14:49
晴庵さま、畑のありさま乙です。
寒さにさらされ、野菜たちも引き締まっています。
大根の極辛で冬を乗り切って下さい。野菜三昧の食卓は、胃とと腸の活性化に最善です。
seian
2018年11月16日 07:59
朝は冷え込んできました極辛は頭髪が抜けるとか、これは気にせずに胃腸と脳の活性化に努めますが手遅れかも知れません。
ひょうたんなまず
2018年11月26日 22:14
順調に冬を迎える準備進んでますね。キリギリスのように毎日遊びあるいて、まだ全然庭木の手入れしていない身にはまぶしい晴庵様のお姿です。

この記事へのトラックバック