怒りの葡萄酒

 長い長い蒸暑さが続いた、はや9月も中旬となったがまだまだ昼間は暑い、歳をとると寒暑に耐性が無くなるようでもうすぐに寒い寒いと縮こまって耐える日々が来ます。
 
 カリホルニアレッド 貧しい農民の辛苦を描いた「怒りの葡萄」という小説があった。
 
画像
 
 ワイン・・味わえば案外である、さもありなんソムリエ氏はこの料理にはこれアレの前にはこれと何と奥深いもので有りましょうか。
画像

 信州松本・山辺ワイナリー産白ワイン これは良い。
画像

 酒庫にレミーマルタンガ眠っていた、それなりに旨いだろうがチョット躊躇する、これは妙齢の令嬢・令夫人を前に精一杯演技しながらジェントルマンを気取る時にそんな時が来る筈も無し・・・ああ幸いなるかな人生。
画像

 ラストはここに 分相応おのれ知って礼節を知る。・・サケがノメル・のめる・飲めるぞー。    ご自愛下さい。
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

ギャラリー静河
2018年09月19日 22:56
秋の夜長を超高級ワインの晩酌でお過ごしとは何と贅沢な
美味しいチーズを島唐辛子仕込みの醤油にチョイ漬けで、お酒が進みますね・・。
konkon
2018年09月20日 13:57
晴庵さま、秋の晩酌乙です。
3リットルのワインは重いです。
冬が来る前の、いい感じの季節に晩酌を楽しんで煩悩を払って下さい。レミーマルタンは、もう少し待ってください。
seian
2018年09月20日 19:05
何とも支離滅裂な文章になってしまいました、近頃在り来たりの物の名・漢字が数分考えないと思い出せないことが有ります、これが思い出せず七転八倒八つ当たりをするようになる時を恐れています。
ひょうたんなまず
2018年09月20日 21:28
なにか雰囲気違いますね。シックでお洒落で大化けのショジョ寺の狸!
seian
2018年09月21日 07:44
狂った狸に近づいているのか既に到達したのか元々その素質は有ったようで、悟りの境地に少しでも近づけるよう修行に励みます。

この記事へのトラックバック