雨は降る

里芋 親芋から子いも・孫いも・ひ孫いもが出来ることから祝行事の縁起物とされています、高温多湿を好むため空梅雨では生育不良となるようです。

 畝幅をもっと広くと思慮するもそこが素人の浅ましさ、種イモの数と耕作面積からこのような状態となった、とどのつまり良い芋は取れないということになる。
画像

画像

梅雨入りから数日梅雨明け時のように台風と相まって風雨が強くなった、6月ひと月分に相当する降雨量が予想される地域もあるようでこれも地球温暖化の影響か、とまれ天が警告を発しているようでもあります天罰は善良な市民は除外し奢れるバチ当たりな者どもだけにしてほしいものです。

梅雨時の風景
 蘇鉄の新葉 八丈原産よくも生き長らえたものです。
画像

 蓮 花の咲くのは梅雨明け頃か。
画像

 芋蔓の脅威 凄まじい勢いで畑を席巻する。
画像

昨日今日涼しくなり雨降れど快適ですがこれからは蒸暑い季節です踏ん張って生きましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

konkon
2018年06月11日 13:51
晴庵さま、今月の一枚いい感じです。
畑の緑のコントラストが見事です。日本の緑は、今時がいいんですかね。蘇鉄は長生きですから、ひ孫まで見届けてくれます。里芋の成長をお祈りします。
ギャラリー静河
2018年06月11日 22:48
真竹の子、美味しくいただきました。次は里芋ですかね?
ソテツは見事ですね。「赤いソテツの実の熟れる加那も年頃・・」懐かしい歌です。八重咲きのハスの花は待ちどおしいですね。
(蛇足)→ヤカン蛙を里芋の葉に乗せて「入梅」!!
seian
2018年06月12日 07:55
蘇鉄は櫛のような葉の先端の棘で光頭部をチクリとやられます、これに耐え減毛防止を図ります。
バタやんの名調子を想い出しました、南の島でノンビリ昼寝憧れです、今年の里芋は畝間のムギワラがポイント収量倍増です。

この記事へのトラックバック