初夏

 ミカンは無数の小粒を付けまた紫陽花も咲き始めた間もなく梅雨入りから盛夏を迎える、蒸暑と灼熱を思うとやや憂鬱な気分しかし夕刻に喉を通過する液体の甘露なこと、この上もない季節でもあります。

画像

 柏葉紫陽花
画像

畑のありさま
 ミニトマト
画像

 茄子 
画像

 胡瓜
画像

 玉ねぎ収穫 連作障害か大玉とは成らず。
画像


ドウダンツツジ整枝 ひょうたんなまず氏伝授の方法で挑戦するも枝葉が複雑に絡み合い大変な作業である、切枝の山をみながら今期はこれまでと溜め息をついた。
画像

画像

数日猛暑が続いていますが来週は爽やかな日もあるようです、小まめに水分を補給し体調に留意されてお過ごしください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

konkon
2018年05月18日 13:48
晴庵さま、暑中乙です。
野菜たちもすくすく育っています。
甘露泡水のつまみになるのも近いです。
紫外線に気を付けて、熱中症に陥らないようにお過ごし下さい。
seian
2018年05月19日 07:01
御料農園産玉ネギは中味で勝負小粒でもピりりと旨い今度持参します(自画自賛)、貧乏症は困ったもので益少ない労働で消耗しています。
ギャラリー静河
2018年05月22日 00:26
お庭には立派な石がたくさんありますね。
チョイ、ドウダンツツジが大きくなりすぎ全体のバランスが崩れてしまっている感じがしますよ。

ひょうたんなまず
2018年05月22日 21:54
ドウダン剪定ご苦労様です。やはり理論を実践に移すのは中々難しそうですね。なまずも庭の雑木を大枝で抜いたらだいぶ風通しが良くなったけど、年季の入った玉物は難しそうですね。3年ぐらいかけて改造に取り組んでください。
seian
2018年05月23日 06:48
 ドウダン、ツツジは長年野放しでブザマな状態でした、大胆に手を入れバランスを考えることを知りました。
 実践より学べ御陰様で大分スッキリし明るくなりました、風通しが良くなると気分も爽快です。
ひょうたんなまず
2018年05月23日 21:54
ドウダンの枝を抜き、内部に光がはいるとそこから芽吹きます。それを生かし外側の枝を抜くと、ドウダンを小さく作り直せます。そうしなくても外側と内側で同時に花が咲き立体的になります。これ実習の先生から教わりました。

この記事へのトラックバック