春暑し

 また春が来て松葉が暑苦しくなってきた松の花粉症は無いようだがコナが飛散し気分が悪い、松床を始めることにした樹木にしても要介護・支援に携わる者は見返り少なく苦労が多い。

 作業前 襤褸をまとい憂鬱気である。
画像

 剃髪・整髪完了 松お爺は手が掛かる、さっぱりしました勿体なやと天に向かい合掌しているように見える?。
画像

 葱坊主 生臭と違いこのボーズは天麩羅にして食する。
画像

 莢エンドウ清楚な花 このところ春の風強く粉・砂塵に晒され憂鬱ですがモリ・カケ関係者を手本にしぶとく生きたいものです、体調に留意されますよう。
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

konkon
2018年04月13日 14:38
晴庵さま、着ぶくれ松爺できましたね。
ひとつのネタを作るのに、多量の汗がかかります。
身も軽くなった松爺は、羽衣をかけて天に昇っていくようです。
seian
2018年04月14日 07:16
ボロ爺さんにならぬよう身を律した生活を心掛けたいのですがこれが難しい、日々修行です。
ひょうたんなまず
2018年04月20日 21:26
いつもながらすばらしい松の手入れですね。何事も日々修業としているお姿に合掌!

この記事へのトラックバック