さくら

 雑司ヶ谷古刹にて「また巡る(願わくは・・・・)の」季節のなか満開花見の宴、終幕はカタストロフィとなった老醜を晒した上前歯1本グラグラ状態全く情けないことですが不思議と生を実感できるのです、皆様方には大変お世話になりました御礼申し上げます。
画像

 安らかな「・・・出の旅」 盗撮される、孫対応で疲れ果てた花見前日の姿です。
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

konkon
2017年04月06日 13:15
晴庵さま、びっくりさせないで下さい。
涅槃の境地で深眠しているんですね。
畑仕事禿んでください。
ギャラリー静河
2017年04月06日 23:16
和尚はだいぶ飲まれましたね。
「酒なくて何の己が桜かな」ですよね。
元気に呑めるうちが花、華ですよ!!
seian
2017年04月07日 08:08
桜の色香に惑わされてしまいましたが一日休養して再生しました以後思索に励み静かに余生を送ります、有難う御座いました。
ひょうたんなまず
2017年04月07日 18:38
写真を見て、やはりあの場で無理にひきとめた結果かと一瞬ヒヤッとしました。でもその後2時間絶唱した和尚は、また武勇伝打ち立てました。まさに血のにじむ思いで生を実感されたのですね!なまずはまだまだ足元にも及びません。
seian
2017年04月08日 08:02
お世話になりました歯の隙間を感じながらこれよりは黙して語らず・飲して乱れずに努めます。(難行・苦行)

この記事へのトラックバック