春の海

 日の出桟橋より久し振りに船に乗った埠頭上屋は昔のままのひっそり佇んでいる。

画像

 都合10年程勤務した建物もそのまま残る組織再編引越し後は使用されているのか人の気配は無い。
画像

 コンテナクレーン。今は昔のこと二人乗りエレベーターか階段を使いヘッピリ越しで上昇し見下ろす地上に足が竦くんだ、もう高い所はノウサンキュウである。
画像

 春の海終日のたりのたりかなには程遠くわたる風は肌寒い。
画像

 お参り。(東京だよおっ母さん)
画像

 昔乗った連絡船。現場からの帰港が夜間になり眩いばかりの大東京の夜景を船上で見た、(ニュウヨーク)のようだ同乗者がのたまった、見た事ない己はさもありなんと感心し徳をした気分になったことを覚えている。
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

konkon
2017年03月26日 13:24
晴庵さま、東京港乙です。
昔の風景が思い出されます。
辰巳の白雲(はくうん)、菊(きく)もなつかしいです。
seian
2017年03月27日 08:42
白雲・菊の船長ほか昔世話になった人の顔は鮮明に浮かぶのですが名前を忘れる事が多くなりました、無理に思い出そうとすると疲れるのであきらめました。

この記事へのトラックバック