畑のありさま

 暑さと水不足で里芋の葉が枯れ始めた、隣畑の農業士の里芋の葉は艶やかで異常無し、やはり作物は土壌作りからどぜうといえば柳川ですがこの時期食指が動くことはありません。大振りの冷えた泥鰌を5・6本も踊り食いで喰えば元気溌剌かも知れません。

画像

 オクラぬめりから畑の泥鰌(?)と言われます、これも元気がでます。

画像

 蓮花もこれにて今季は終幕のようです、終焉まであと幾たび。

画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ギャラリー静河
2015年08月09日 23:07
連日の猛暑で、静河農園の里芋の葉も、黄変してしまい、息も絶え絶えです。
蓮の実の青いのは美味しいようで、精力が付くようで、アジアでは、花より実が珍重されるとのことですよ。
seian
2015年08月10日 06:24
ベトナムでは蓮花の雄蕊を採取し茶葉と共に発酵させ香り高いお茶を楽しむようで残った大量の花ビラが山のようになっているのをテレビで見ました。秋雨の頃には里芋も元気になると思います。
konkon
2015年08月11日 13:42
晴庵さま、オクラ乙です。
夏は、やっぱりネバネバ系ですよね。
ねばーるくんのように、夏全開でいきましょう。

この記事へのトラックバック