畑のありさま

 夏季は早朝作物の生育状況を見て収穫し軽く手入れを行う程度にしています、当地は蚊が多く腰に線香(カトリ)吊るすのですが風向を計りヤリ手のメス蚊が奇襲をかけます、江戸の昔から(彼ほど煩きものは無しブンブ・文武と夜も眠れず?)と言われる嫌われものですが、蠅蚊といえども生類殺生は慎んだほうが良いのかも知れません。

ミニトマト 藪となる (爺産・婆消だけでは供給過剰となります)

画像

桃太郎 枯枝撤去間もなく収穫完了です。 

画像

モロヘイヤ 間引て少数精鋭にします。

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

静河
2015年07月22日 20:25
モロヘイヤーは栄養価が高い夏野菜とか!
先般、親父の料理教室で、モロヘイヤーの卵スープを作りましたよ。アルコールの刺激抑制にもなるありがたい葉っぱです・・・。
hi-kanai
2015年07月23日 19:02
飢餓時代の生残りは、食物に取り囲まれていないと安眠できない。過剰生産した野菜を枕に日々安眠しています。

この記事へのトラックバック